もう古い、と言われるかもしれませんが、ブログ移行のドタバタで書くのを忘れていたことがあります。
いや、これを忘れてはいけない! なにしろ古狸の生涯の誉れとなる大事件が、2019年の10月に
連続であったのです。


  国立天文台の渡部潤一教授が、我が Scotch on the rock 天文台を訪問されました。
  昼間、観光にご案内した後、私の星空ツアーにもご参加いただきました。
  他のお客様もおられたので、気温5度の中で大汗をかきながら、いつもの大ボラを
  吹いておりました。

  我が家の本棚をひっくり返してみると、先生の著書が4冊見つかったので、無理を言って
  サインしていただきました。


  IMG_1171-1
2
191019-3


 さらには、日本の観光経済新聞を主宰される方が、今年の4月ごろ、私の星空ツアーに
ご参加いただき、たいへん喜んでいただけたようで、こんな記事を掲載していただきました。

 クィーンズタウンでは、「豚はおだてても木にしか登らぬが、タヌキ(私)をおだてりゃ、
山にでも登る」と、長年言われてきましたが、ここまで絶賛されると大変です。

 私の自尊心は、超新星爆発寸前のベテルギウスほどにまで膨れ上がり、山に登るどころか
天に昇って星になってしまいそうです。国際宇宙ステーションにぶつからないように、気を付けねば。



★ 観光経済新聞